ハメ撮り動画

通常のAVとハメ撮り動画は撮影方法が違います。そのため、映像の印象も変わりますが、AVに比べてハメ撮り動画が見劣りするわけではありません。女性との密着感は普通の動画ではなかなか表現できない魅力があるからです。密着感のあるハメ撮り動画は、果たしてどのようにして作られているのでしょうか。

 

■通常のAVとハメ撮り撮影の違い
通常のAVとハメ撮り撮影の大きな違いは撮影スタイルです。スタッフ人数から機材、そしてアングルまで、この両者は大きく違います。AVは、出演しているのが男優女優の二人だけであっても、実際はカメラマンやアシスタント、その他マネージャーやプロデューサーなど、複数の人数のもと撮影されます。一方、ハメ撮り動画の撮影の基本は完全に一対一です。小型の持ちやすいハンディカメラを男優自らが持って撮るため、人員を必要としません。周囲にスタッフがいることもありますが、撮影するカメラは男優が構えているのがハメ撮りの基本です。

 

■一対一での撮影だからこその魅力
撮影における本格さやコストは、やはりしっかりしたセットや機材のもとで行う一般的なAVの方が高いです。しかし、一対一のシンプルな撮影だからこその魅力も存在します。ハメ撮りの魅力は密着感です。男優自らがカメラを持つということは、喘いでいる女優に極めて近い位置から撮る形になります。そのため、今まさに男優が見ているような距離感や、それ以上の接写なども期待できます。それにより、肌の質感や汗の様子、体のたわみなど、通常の撮影では捉えにくい領域まで細かく楽しめます。一対一のハメ撮り動画は、確かに映像の美しさで一般的なAV撮影に劣るかもしれません。しかし、だからといって肝心の興奮度まで下がるかといえば決してそうでもなく、むしろそれ以上に期待できることがあります。撮影コストが抑えられているから動画の質が低いわけではありません。ハメ撮りならではのこだわりがある作品なら、視聴者も高い満足度が得られるはずです。