ハメ撮り動画

動画の撮影や編集、制作は、静止画以上に専門性が伴います。そのため、素人が作るとなればハードルは高いです。しかし、ことハメ撮り動画に関しては、素人が作った低クオリティなものでもオナニーのオカズになることが少なくありません。動画という難しいジャンルであるにかかわらず、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

■近年は素人が作ったハメ撮り動画も少なくない
動画制作は決して簡単でもありません。写真以上に技術や知識が必要になる場合があります。しかし、近年は一般の人も広く撮影や制作を楽しむ時代となりました。なぜなら、高性能なスマホの普及や扱いやすい編集ソフトの登場、さらにはインターネットが広まったことに伴い、発表の場も身近となってきているためです。無料で楽しめる動画投稿サイトも、その代表的な例といえるでしょう。また一般の動画だけでなく、アダルトジャンルの投稿が可能なサイトも少なくありません。そうした傾向から、動画という難しい存在であるにもかかわらず、多くの素人も楽しんで制作する時代となってきているのです。

 

■素人動画とメーカー制作のAVにおける違い
同じアダルト動画とはいえ、素人制作のものと一般的なAVでは違いも見られます。クオリティに関しては、天と地の差ぐらい感じられる場合もあるかもしれません。撮影機材が簡易的なものである、技術がないためブレや色飛びが目立つ、編集が不足しているなど、やはり粗も気になるところです。ですが、それでもなお素人が制作した動画であっても、抜ける作品は少なくありません。ことハメ撮り動画となれば、なおさらでしょう。

 

■素人制作のハメ撮り動画が抜ける理由
素人製作のハメ撮り動画はブレや編集の粗が目立ちます。しかし、これらはハメ撮り動画においてはリアルさを生み出すため、視聴者の性的興奮をそそる上で効果的です。出演する女の子は素人で、スマートフォンを使ってその場のノリで撮影したようなエロ動画は、卑猥さをかもし出しています。素人製作だからこそ味わえる特別な雰囲気があるため、ナチュラルさを楽しみたいならおすすめです。